Skip links

産後の抜け毛は心配いりません!中医が助けます

産後の抜け毛はあなただけではありません

「産後の髪の毛が戻ってこない?」
「抜け毛が多くてハゲちゃうのでは?」
「二人目を出産して、産後は抜け毛があると分かっていても、まだ落ち着かないのでは?」

産後の抜け毛は自然な現象ですが、多くのママ共通のお悩みですね。主にホルモンの変化が毛周期に影響を与えています。一般的な脱毛は一日当たり100~150本ですが、産後3~6か月の間は1日当たり100~300本が正常な生理現象と考えられます。産後の抜け毛は3~8か月ほどで徐々に減っていき、9か月~1年ほどで元に戻ります。

妊娠と出産は女性の人生の重要な転換期です。産後の抜け毛について皮膚科以外に漢方治療を検討したことがありますか?

漢方医学上の産後抜け毛とは

中医学では、「髪は血液から作られる」と考えられています。髪の毛の成長は人体の気と血の栄養と密接な関係があります。
もし体の気と血が不足したり、血液循環が滞ったりして、血液が十分に栄養を髪に供給できなくなると、脱毛が発生します。 「髪の毛は余った血から作られる」、「脾胃(消化器官)は気と血の源である」
「腎は骨を司り、髪は腎の華(はな)」と言われます。出産は気と血を大量に消費するため、気と血が不足し、肝と腎が弱り、毛包の成長に影響を及ぼし、栄養が失われ、毛が抜け落ちます。

「血虚」(血の不足)と「血熱」(循環不全)は髪の状態に影響を及ぼします。気と血が不足すれば、髪が乾燥しやすく、切れ毛や抜け毛になったり、気血の流れが滞れば、抜け毛が起こりやすくなります。

産後3~7ヶ月頃には「生理的脱毛」と呼ばれる正常な脱毛期があります。
出産後は体内のエストロゲンが急激に減少するため、妊娠中に抜けるはずだった髪の毛も休止期に入り、抜け毛の量もかなり増えてしまいます。

一般に中華圏の「坐月子」として知られる産後の静養は、髪の成長に重大な影響を与えます。
出産時の多量の出血や、産後の鉄欠乏性貧血、産後の肥立ちが悪いことなどにより、血や気が不足すると、髪の成長に影響を及ぼします。

産前の不安やストレス、産後のうつや緊張、多忙な育児などにより、身体の緊張や血流不良が起こりやすく、抜け毛が悪化することがあります。頭皮が硬いと、毛包細胞の状態にも影響します。

漢方医による産後抜け毛にはどんなタイプがあるの

伝統的な中医学の観点から、産後の女性はホルモンの変化と産後の気と血の不足により脱毛しやすくなります。
出産の過程で母体の気と血は消耗され、出産時の失血量が多かったり、産後の栄養補給が不十分だったりすると、産後に重度の脱毛が起こることがあります。

中医学では、産後の脱毛には「気血不足型」「肝気停滞型」「湿熱型」の3つのタイプがあると考えています。

  1. 気血不足型

妊娠中から産後の授乳まで、母体の気と血を消費します。

もし出産時の出血が多かった場合や、出産後の栄養不足、もともと母体が弱っていた場合、体内の気血が不足し、髪の成長が止まり、産後に抜け毛が起こります。

このタイプは顔面蒼白で血の気がなく、気力やエネルギーが不足しやすく、気血を補う処方が適しています。

2. 肝気停滞型

新生児の世話をすることで、母親が精神的に緊張したり心配したり、長期間睡眠不足になったりすると、肝が機能不全になり、気の停滞、血行不良を引き起こす可能性があります。肝臓は血液を蓄えているため、頭部はもちろんのこと、足も肝臓の血液から栄養を得ることができません。体全体が凝り固まったり、リラックスしにくくなったり、感情の起伏が激しくなったりするほか、産後の抜け毛の原因にもなります。肝臓を落ち着かせ、うつ状態を緩和するための処方を推奨します。

3. 湿熱型

もし母親が湿熱や燥熱体質の場合、過剰に栄養を補おうとすると胃腸が熱を帯びやすく、湿熱の気が頭に影響を及ぼし、頭の皮脂の過剰分泌、ニキビ、さらには毛嚢炎の原因となります。
まず体内の湿気と熱の停滞の問題を解決し、次に肝と腎をさらに調節するといいでしょう。

漢方医が推奨する産後抜け毛の改善方法

「脾胃は後天の本(こうてんのもと)、気血は生化の源」とは、脾胃(消化器官)は、人体の営養を吸収し生化して、気血(生命活動)の源泉となっているという意味で、摂取する食物の栄養と脾胃の機能は、気血の生成に直接的に影響します。伝統的な漢方学の滋養は、肝臓と腎臓に気と血を補充し、心を落ち着かせて、肝臓を落ち着かせ、うつ状態を緩和することで、抜け毛を改善します。もし燥熱体質でない人が栄養を補う場合は、寒性の食材や漢方薬は避けたほうが良いでしょう。

産後の抜け毛を改善するために最も重要なことは、十分な気と血、特に肝臓と腎臓を養うことです。

「腎は精を蓄え、その精の華は髪にある」という言葉があります。漢方における「腎」は両親から与えられた先天的な精を蓄えており、髪の色は髪に蓄えられている精と関係しているという意味です。
腎の経絡は骨髄を生成し、血液に変換します。腎臓の気を良好に維持すると、髪は黒く輝きます。
さらに「肝臓は血液を蓄え、髪の毛は余分な血液から作られる」と言われているように、肝臓の血を良好に維持することで抜け毛を防ぎ、髪に栄養を与え、気分をリラックスさせることができます。

このほかに毎日のメンテナンスと食事の栄養も抜け毛の問題の解決に役立ちます。

  • シャンプーやドライヤーは高温を避ける

髪を洗うときは熱すぎるお湯を使用しないでください。髪をドライヤーで乾かすときは、毛根をダメージから守るために頭皮と適切な距離を保つようにしてください。

  • 過度なダイエットは避ける

産後の女性は体型を戻したいために、体重を減らしたいと考えますが、あまりに急激に体重を減らすと、母親の気と血の生成が不十分になり、脱毛が悪化する可能性があります。

  • 刺激のある食べ物を避ける

    毛根の炎症を軽減するために、高カロリーの揚げ物、熱い食べ物、辛い食べ物をできるだけ控えるようにしてください。脾臓と胃が栄養素をうまく吸収できない場合、血液が頭皮に十分に供給されなくなります。

    髪の成長をさらに促進するため、豆類、赤身肉、緑黄色野菜、豚レバーなど、タンパク質、鉄分、亜鉛が豊富な食品をより多く摂取することをお勧めします。

    • 髪の栄養を補う

    伝統的な中医学の概念には、「黒い色は腎臓に入る」という言葉があり、腎臓の気を補充するために、できるだけ黒い食べ物を食べることを選びましょう。たとえば、黒ゴマは肝臓と腎臓を強化し、五臓に潤いを与えるのに役立ちます。 例えば黒きくらげは気を補い、血流を増やし、脾胃(消化器官)に栄養を与え、腎臓を潤します。貧血、肝臓や腎臓が弱っている場合は、通常、血液を豊かにする食事療法を続けると、毛根を強化し、髪に光沢と弾力性を与えます。

    • 十分な睡眠:炎症を軽減し、血液の余分な熱を避けることができます。
    • ツボマッサージ:百会、頭三里、三陰交、その他の頭頂部のツボを含む額や髪の生え際など、出産後に脱毛しやすい部分を集中的にマッサージや鍼治療を行うと、経絡と気・血流の流れが促進されます。

    産後抜け毛には青芝スカルプエッセンス

    食事や生活習慣の見直しもいいですが、スカルプエッセンスを使ってて頭皮を保護し、産後の抜け毛を改善することもできます。
    【青芝スカルプエッセンス―頭皮エッセンス】シンプルな成分で、ハーブのエネルギーがたっぷり詰まっているので、産後の抜け毛や忙しい子育てによるストレスによる抜け毛でも、簡単に髪を蘇らせることができます。
    特に含有する霊芝GMIが、頭皮の問題を改善し、髪を改善するの修復力があります。また、高麗人参の根、生姜根、ココアなどの抽出物が頭皮に栄養を与えます。
    特に産後6ヶ月以上、抜け毛にお悩みの方にお薦めです。ベタつかずさっぱりとした使い心地で、毎日ご使用を続けると、より効果が高まります。

    青芝スカルプエッセンスー頭皮エッセンス

    ¥9,800.00

    台湾国内配送費:NT$80 (NT$1000以上のお買い上げで無料) 海外配送費:1600円 (28000円以上のお買い上げで無料)   頭皮を健やかに、毛根を強くすることで、しなやか艶やかな髪に。抜け毛、薄毛、頭皮の老化などの改善を促します。 主成分「霊芝タンパクGMI」は頭皮の内側の毛包を活性化し、抜け毛や薄毛が気になる頭皮に新しい髪を生やすよう働きかけます。 天然成分由来、ヴィーガン成分100%、動物実験なし。無毒、副作用なし、無添加。合成香料、天然香料、着色料を配合していない頭皮にやさしい漢方育毛剤です。 霊芝主成分の発毛剤・育毛剤は台湾初です。

    SKU: # 10047157
    類別:

    Leave a comment