Skip links

肌の老化を防ぐには?肌の老化改善と対策

肌老化は女性にとっては一つの悩みですね。ですが年齢とともにお肌はどんどん老化し、そして誰もがそれを止めることはできません。肌老化の原因が分かっていると、肌老化を少しでも遅らせ若々しい素肌を維持することは可能です。

しかし老化現象を止めたり、肌が老化する前の状態には戻せませんが、肌老化の原因を把握して、老化速度をゆるやかにすることはできます。

肌の老化原因

1.紫外線

どんなに気をつけていても、紫外線は浴びてしまいます。なので日頃から日焼け止めすることは大事なのです。紫外線にはUVAとUVBがあり、UVAはお肌の奥深く、真皮にまで到達します。それにより、真皮に存在するお肌のハリや弾力を保つための重要な物質が破壊され、たるみやシワができ始めてしまいます。UVBは表皮のメラノサイトのメラニン産生を増加させる作用があります。(日焼けは主にUV-Bによるものです。)シミやそばかすの原因になると考えられています。

2.徹夜

夜は最も肌が活発に働いている時間帯です。午後11時~午前3時は成長ホルモンは壊れた細胞を修復する時間だと言われ、その時間にぐっすり眠れないと、成長ホルモンが分泌されず、免疫力や自律神経の不調に繋がりますので、ニキビや肌荒れが起こる原因です。

3.乾燥

お肌の表面、角質細胞の間にある脂質が減少し、細胞の隙間から水分が蒸発してしまうことで乾燥を引き起こします。

4.ホルモン低下

女性ホルモンや成長ホルモンはコラーゲンを生成する作用がありますが、減少すると新陳代謝が悪くなり、コラーゲンやエラスチンを作り出す力も衰え表皮も薄くなっていきます。年齢を取ると、ホルモンの分泌がどんどん減少してシワやたるみになってしまいます。

5.喫煙

喫煙は肌の老化を早く促進させます。ニコチンは喫煙直後から血中に現れて各臓器に運ばれて、血液の流れを悪くさせたり、ビタミンCの吸収を邪魔させたり、そのためお肌へも栄養が行き届かなくなり肌の乾燥が進み、皮膚に細かいシワができてしまいます。

肌の老化改善及び対策

老化した肌との差は、若い肌は引き締まっていて、ハリツヤでシワがない。老化した肌は脂質が減少して、弾力を失ったりたるみになる一方です。細胞に角質の潤いを保つ保湿成分が加齢と共に減少するため、老化速度を少しでも緩やかにしたいのなら、毎日のケアが間違っていないのかを確かめて、さらに正しい生活習慣を身につけましょう。

■紫外線対策

曇りの日でも、室内でも日焼け止めはする紫外線対策。普段からビタミンCを摂取し、お肌の抗酸化力を高めましょう。

■保湿ケア

お肌の水分量を保つため、保湿ケアをしましょう。自分の肌質を把握したうえで、足りない部分があれば補充し、お肌の油分と水分のバランスを維持しましょう。

■正しい生活習慣

正しい生活習慣を持つ。バランスの良い食事、質のいい睡眠を取ることで、新陳代謝がよくなり、ホルモン低下を避けることができます。

老化から逃れることはできませんが、生活習慣を見直して、自分の肌老化する原因に対して老化速度を遅らせることはできますし、いつまでも若々しい肌をキープしましょう!

関連記事:西太后の美秘術|西太后はどのように美肌を保つのか?