Skip links

くすんだ肌はどうしたらいい?美白肌を取り戻すための美白ケアのコツを紹介します!

肌のくすみはどうしたら解消できる?毎日ケアしても、白雪姫みたいな美白肌になれない…化粧しても、肌がくすんでいて汚くて、疲れそうに見える。
どうケアすればいいんだろう?
くすみの改善には自分のタイプから原因を知ることが大切です。

肌がくすむ原因をタイプ別で分析

【くすみタイプ1】角質が溜まったり、酸化によるくすみ角質は肌にとって必要なものですが、不要になった角質が溜まるとザラつきやくすみの原因に。

【くすみタイプ2】メラニンによるくすみ
紫外線で刺激すると、肌は自らを守るためメラニンを作り、日焼けのような薄い褐色に。古くなった角質と一緒に排出されるが、UVケアを怠っていと、表皮の内側にある真皮まで浸透させて、色素が沈着してくすんで見えてしまいます。

【くすみタイプ3】血行不良によるくすみ
血液の流れが滞って肌に充分な栄養が届かず、毛細血管が青く目立つことにより、リンパ節まで影響してしまったら、体内の余分な水分が回収できず、むくみが生じたり、顔色が悪い感じのどんよりしたくすみに。

【くすみタイプ4】乾燥によるくすみ
湿度の低下で肌が乾燥し、キメの乱れやハリの低下からできた影によりくすんで見えるタイプ。例えば同時になめらかな紙とざらっとした紙をライトで照らして、どっちの方が白く見えると思う?

【くすみタイプ5】糖化によるくすみ
白米、麺類、砂糖など糖質が蓄積すると、肌のたんぱく質と結びつきAGEs(最終糖化生成物)に変質してしまいます。

【くすみタイプ6】喫煙・不規則な生活
ニコチンは喫煙直後から血液の流れを悪くさせたり、ビタミンCの吸収を邪魔させたり、そのためお肌へも栄養が行き届かなくなり肌の乾燥が進み、老化を速やかにしてしまいます。睡眠不足で肌の代謝を低下させたり、透明感のない肌に。

くすみケア方法

漢方では、気血の不足、ストレスによる気の流れの停滞、血液循環の悪さが関係していると考えています。「気」と「血」を補充することで、体調改善、血液循環や体内器官が機能する最適な状態になって、明るく美白肌を取り戻しましょう。

漢方で気血不足を改善

  1. 花旗蔘(アメリカニンジン)+珠貝 補気降火、免疫力を高める、潤肺化痰、老化予防
  2. 燕窩(アナツバメの巣) 潤肺止咳・養陰・益気、虚弱体質の改善、疲労回復
  3. 四物湯(シモツトウ) 疲労回復、月経不順、冷え症、しもやけ、しみ、血の道症
  4. 當帰(カラトウキ)+黃耆(キバナオウギ) 當帰は気を補って、黃耆は血を補う。顔色が悪く、冷え性・貧血・生理不順・生理痛・めまいなどの症状に適する。

肌色を均一に整える方法は?

1.適度にピーリングをする
古くなった角質が多すぎたり少なさすぎたりしてもよくないので、ちょうどいいの角質の保護効能を最大化にしよう。

2.こまめにUVケアをする
夏でも冬でも紫外線対策はしっかりして、メラニンを作らせないようにしましょう。

3.適度な運動、バランスの良い食事を取り入れ運動で体内の血液を循環させることで、顔色もよくなります。

4.生活リズムを見直し
不規則な生活を送っていますか?喫煙・酒などを止め、過剰な糖質を避け、午後10時~午前2時は成長ホルモンは壊れた細胞を修復する時間で、夜更かしを辞めましょう。

くすんだ肌を救うアイテム

「これだけでくすみ肌改善できるの?化粧水とかは?」今使っているアイテムは効果が出ないと思っているあなたに、こちらの商品を紹介します。西太后も使っていたと言われ、国宝級の化粧品。

関連記事:「​西太后の美秘術|西太后はどのように美肌を保つのか?​」