Skip links

「傷あとが残ったら、どうしよう?」 傷あとに適したスキンケア方法や軟膏を見つけましょう

成長過程で転倒や火傷、外科手術などにより皮膚が傷つくと、傷あとができやすくなります。傷あとが目立つ場所に残る審美的な悩みだけでなく、「瘢痕拘縮」という引きつれによって関節の動きに影響を与えることがあります。傷あとと目立たなくする、治す方法は、多くの方が重視するテーマの一つになっています。

今回は、肌の傷あととは何か、基本的な認識、傷あとの種類について理解していただいてから、傷ついた肌の正しいスキンケアと、おススメのケアジェルやクリームをご紹介します。

傷あと・瘢痕ができる原因は何か

私たちの皮膚は、表面から深い層まで、表皮、真皮、皮下組織の3層からら構成されています。 一般的には、表皮や真皮だけの傷であれば、1~2週間程度で治り、傷あとが残りにくいのですが、真皮以下の皮下組織まで傷つくと、瘢痕(はんこん)、つまり傷あとが残る可能性があります。

言い換えれば、瘢痕は傷口を治す過程で形成されます。本来、皮膚組織のコラーゲンは皮膚表面と平行に並んでいますが、傷を修復しようとコラーゲンの増殖、配列の乱れが生じることによって、本来とは違う肌ざわり、傷あととして盛り上がってしまうのです。

通常、傷が治った後、傷の種類に応じて、傷跡の形成を防ぐために、できるだけ早く、傷あとにジェルまたは軟膏を塗るか、専門の医師に傷あとを目立ちにくくするための治療法を相談することをお勧めします。

よくある傷あとの種類:浅い傷あと、「萎縮性瘢痕」及び「肥厚性瘢痕」

1.擦り傷や虫刺されなどによる浅い傷あと

浅い傷あとは、表皮と真皮の表皮のみにできる表皮の傷あとで、擦り傷や蚊に刺された跡などに多く見られます。色素沈着しやすいのですが、基本的に時間の経過とともに徐々に薄くなっていきます。傷あとを薄くするための外用薬を使って、肌のターンオーバーを促すといいでしょう。

2. 萎縮性瘢痕

萎縮性瘢痕、いわゆる陥凹(かんおう)瘢痕は、にきびや水ぼうそうが治った後によく見られます。主に治癒過程で傷口が炎症したり、ニキビや水ぼうそうを潰したりすることで、コラーゲンが破壊されて真皮が異常に凹んだため、皮膚が下の組織に引っぱられて発生する萎縮現象です。

3.肥厚性瘢痕

傷が治るときに、コラーゲンが過剰に生成されると、赤く盛り上がった肥厚性瘢痕ができます。見た目は「ケロイド」によく似ています。どちらも個人的な体質とかかわり、肩や上腕など関節が引っ張られる部位に現れやすい傾向にあります。

肥厚性瘢痕の傷あとは、患部のみ皮膚が厚く硬くなりますが、時間の経過とともに徐々に縮小していきます。これに対してケロイドは段々と広がり、赤く腫れ上がり、不規則に盛り上がった傷あとになってしまいます。このようなタイプであれば、医療機関での治療法をお勧めします。

傷あとを目立たなくする方法とは? おススメの方法4選

1.日焼け対策をしっかりする

紫外線を長時間浴びてしまうと、皮膚の色素沈着が起こりやすく、傷跡も目立ちやすくなるので、外出時には日焼け止めを塗って、長袖長ズボンや帽子を着用するなど、日焼け対策を万全にすることが基本中の基本です。

2.ビタミンAが豊富な食べ物を摂取する

ビタミンAは傷を癒し、傷あとの形成を遅らせるのに役立つため、ほうれん草、りんご、トマトなど、ビタミンAを多く含む野菜や果物を積極的に摂りましょう。 反対にセロリ、レモン、パパイヤなど、光毒性物質「ソラレン」が多く含まれる野菜や果物は、紫外線の吸収を高めて、皮膚のメラニン細胞の活発化を促すので、避けたほうがよいでしょう。

3.傷口の炎症を抑える

傷が治りかけの段階では、適切なケアで傷あとを残さないようにします。もし瘢あとができてしまった場合でも、過剰な刺激を与えないことが必要です。掻いたり、軽くたたいたり、衣類でこすったり、熱いお湯で傷口を洗うのを避けましょう、傷あとが深くなったり、広がるのを防ぎます。

4.傷あとを目立たなくするジェルによる日常的なお手入れ

日常で傷あとのケアをする際に、医師や薬剤師が推奨する傷跡を目立ちにくくする外用薬を適量患部に塗ると、傷の赤みやかゆみなどを軽減させて、傷あとを目立たなくするのに効果的です。

傷あとを目立ちにくくするケアジェル「青芝エッセンス」がオススメです。

生元草本は、伝統的な「天地養生の道」を日常生活に取り入れています。国内外の優れた素材を配合するだけでなく、伝統的な漢方の知恵とイノベーションを融合させた、安心でナチュラルなケア方法によって、多くの方々を皮膚トラブルから解放する努力をしています。

肌に優しい成分「青霊芝」と修復に効果的な成分「霊芝タンパクGMI」を組み合わせることで、様々な肌トラブルや傷あとの改善が期待できる、万能な【青芝エッセンス】を開発しました。妊婦さんからお子様まで安心してお使いいただけます。

【青芝エッセンス】は軽いジェル状のテクスチャーで、伸びが良く、肌になじみやすいため、使用後もメイクや他のスキンケアもできます。肌トラブルの改善も期待できます。肌への浸透を高めることで、肌のバリア機能をアップさせ、ニキビ跡、軽い傷あとや、ニキビ跡によるくすみを薄める成分を配合しています。手軽にアフターケアができます。

以上のご紹介で、傷あとの種類と、傷あとを目立たなくするおススメのケア方法について理解が深まったと思います。実際、傷の治癒と傷あとの改善は、2,3日では足りません。傷あとの種類に応じて、適切なケアが必要です。ご自身の状態や要望に合ったケア用品を見つけることで、傷あとの修復期間は短くなり、より良い改善が期待できます。

青芝エッセンス

¥5,800.00

台湾国内配送費:NT$80 (NT$1000以上のお買い上げで無料)
海外配送費:1600円 (28000円以上のお買い上げで無料)

青芝エッセンス(小)

¥1,200.00

台湾国内配送費:NT$80 (NT$1000以上のお買い上げで無料)
海外配送費:1600円 (28000円以上のお買い上げで無料)

関連記事:「何度も繰り返すつらい湿疹!主な症状と原因を解説」 、「ニキビ跡を残さない!種類別に原因ときれいに消す方法を紹介

Leave a comment

注意喚起
偽通販サイト・悪質サイトにご注意ください! いつも生元草本および生元薬行をご愛顧いただきありがとうございます。 現在、弊社名などの情報を無断で盗用した「偽通販サイト」の存在を確認しております。
弊社はそのような「偽通販サイト」とは一切の関わりはございません。
注意喚起
偽通販サイト・悪質サイトにご注意ください! いつも生元草本および生元薬行をご愛顧いただきありがとうございます。 現在、弊社名などの情報を無断で盗用した「偽通販サイト」の存在を確認しております。
弊社はそのような「偽通販サイト」とは一切の関わりはございません。