Skip links

何度も繰り返すつらい湿疹!主な症状と原因を解説

なぜ発疹が出る?かゆみを伴う皮膚疾患にはさまざまな種類があります。赤みやぶつぶつは、皮膚への刺激を控えていれば、多くの場合は自然に治りますので、肌にかゆみを感じる時、考えられる病気や原因、症状を正しく理解して適切なセルフケアで早めに対処しましょう。

発疹とはどういうこと?

発疹とは、吹き出物や水疱など、見た目でわかる皮膚に現れる病変のことを指します。赤くブツブツしている、赤くカサカサしている、赤く盛り上がっているなど、見た目はさまざまで、多くはかゆみや痛みなどの皮膚症状が伴います。 発疹の多くは命の危険のないものですが、中には体の病気が原因となって起こっているものもあります。

1.湿疹

皮膚は薄い一枚の皮のようにみえますが、表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできています。一番外側の表皮は、日光(紫外線)、ほこり、細菌、ウイルスといったさまざまな異物から体を直接保護しています。真皮には汗腺や血管などが走り、皮膚に弾力を与えています。
その内側で皮下組織が皮下脂肪で体を守り、エネルギーの貯蔵庫にもなっています。こうして皮膚が体の外壁として日常的に外の刺激から体を守ってくれています。

ただし、このバリア機能をもってしても防ぎきれない外部からの刺激や、特定の原因物質が刺激となることなどで起こるのが湿疹・皮膚炎で、具体的な症状名として「かぶれ」「じんましん」「あせも」などがあります。

夏天怕濕冬天怕乾...「濕疹」一直復發怎麼辦?中西醫教你這樣做-良醫劃重點-良醫健康網

2.蕁麻疹(じんましん)

かゆみを伴い、チクチクとしたかゆみに似た感覚や焼けるような感覚がある場合も。数十分から数時間で症状が治まることがほとんどだが、半日から1日続くことや次々に新しい膨疹が現れて常に発疹が出ていることもある。大きさは1~2㎜から数十㎝のもの、それぞれが融合して体表をほとんど覆ってしまうケースもある。

最初の症状が出始めてから1ヵ月以内のものを「急性じんましん」、それ以上続くものを「慢性じんましん」という。原因は食べ物や薬、細菌やウイルスに感染すること、暑さや寒さなどの物理的刺激、発汗、ストレスなどさまざま。原因が明らかでない特発性のじんましんもあるが、多くの場合、疲労やストレスなどの因子が症状を悪化させる。

じんましん(蕁麻疹) | 千葉県長生郡長生村のあまが台ファミリークリニック(内科/小児科/皮膚科/糖尿病内科/健康診断/予防接種)

3.あせも

あせもとは、大量の発汗に伴って、汗の正常な排出が妨げられることで起こる発疹です。高温多湿下で、汗を出すための管が詰まり、皮膚の中に汗がたまることで起こります。かゆみのある赤く小さな発疹が、たくさん汗をかいた部位に急速に現れます。

髪の毛がかかる額や首元などもあせものできやすい部位です。汗をかく時期には髪を結ったり髪留めでとめるなどの工夫もしてみましょう。皮膚を清潔にし、涼しい環境で過ごすことで自然に消えていきます。外用薬でかゆみや炎症を抑えることができます。

夏季小孩容易長痱子醫師:忌用痱子粉和偏方|親子天下

発疹の治療・対策

かゆいとつい掻いてしまいがちです。しかし患部を掻きむしって表皮を傷つけると、肌のバリア機能が低下し、湿疹が悪化して化膿することも。さらに、掻くことによって、知覚神経を刺激するかゆみ物質が放出され、かゆみの症状もひどくなります。

かゆくて我慢ができない時は、冷水や保冷材を使って患部を冷やすのが効果的です。冷やすことで毛細血管が収縮し、炎症にブレーキをかけることができます。 外用薬や内服薬でセルフケアするのも大切ですが、原因がはっきりとわからない場合も、薬で症状を抑えることはできますので、辛い症状は我慢しないで早めに皮膚科を受診しましょう。

外用藥

医師は症状や部位によって処方する治療薬、一般的に「ステロイド外用剤」と呼ばれています。炎症の根本を抑制することができるステロイド外用剤は、多くの炎症性皮膚疾患の治療薬として欠かせないものです。

ですが、ステロイドの副作用が怖い方は、成分に「霊芝」が含まれる製品を使用するのもオススメです。

霊芝は副作用のない上薬に分類されている薬物であり、炎症やアレルギーを抑える効果も。皮膚のバリア機能を強めたり、免疫を高めたり、体の中から治療してくれます。主成分が霊芝タンパクGMIの青芝エッセンスに多くの有効成分が活かされており、高い保湿効果と抗炎症作用でニキビ跡や肌の赤みの鎮静などが効能に含まれています。

内服薬

しばらく外用薬で治療しても改善しない場合は、医師の判断によって内服薬を使用することもあります。

炎症性皮膚疾患では、ステロイド成分配合内服薬や、かゆみの原因物質であるヒスタミンを抑える「抗ヒスタミン剤」を使用することがありますが、ステロイド外用剤が基本になります。また、症状によっては、外用薬と併用して治療することもあります。

日常生活からできる習慣

肌が弱い、アレルギーを発症しやすい方は、日常生活で注意すれば湿疹から避けることができますし、健康維持にもいいことです。正しい対処法を実践していきましょう。

・掃除を頻回に行う。接触源を避ける。
・いつも清潔にし保湿を心がける。
・かゆみを増長させるアルコールや刺激物はほどほどに。
・規則正しい生活をして睡眠を十分にとり、体を常に健康に保つように。
・紫外線対策も。肌が弱い人は、夏場もできるだけ皮膚を露出しない服装で。

湿疹や皮膚炎に悩む方におすすめ:青芝エッセンス

アレルギー、かゆみ、肌の不調に悩まれるあなたに!生元草本の新商品【青芝エッセンス】、霊芝の成分で良質な「青霊芝」を使用し、さらに「霊芝たんぱくGMI」に配合、天然素材で体にやさしい、新陳代謝を促し、細胞の老化を防ぐ働きがありますので、免疫力低下によって皮膚の不調、かゆみやかぶれ、すべてこの一本で改善できる。ベタつきにくい軟膏が肌の炎症を鎮め、湿疹、皮膚炎、かゆみを治します。

湿疹や皮膚炎は、外からの刺激による外的要因と、体調や肌のコンディションからなる内的要因が影響し合うことで起こりやすくなります。軽い症状の場合は霊芝エキスが改善することができ、自分自身の体に合わせ、霊芝を使用する事で肌の不調を鎮めて、体質を調整していき、正しいケアで皮膚炎や湿疹とさよならしましょう。

注意喚起
偽通販サイト・悪質サイトにご注意ください! いつも生元草本および生元薬行をご愛顧いただきありがとうございます。 現在、弊社名などの情報を無断で盗用した「偽通販サイト」の存在を確認しております。
弊社はそのような「偽通販サイト」とは一切の関わりはございません。
注意喚起
偽通販サイト・悪質サイトにご注意ください! いつも生元草本および生元薬行をご愛顧いただきありがとうございます。 現在、弊社名などの情報を無断で盗用した「偽通販サイト」の存在を確認しております。
弊社はそのような「偽通販サイト」とは一切の関わりはございません。