Skip links

西太后の美秘術| 西太后はどのように美肌を保つのか?

歴史の記載によると、西太后(慈禧太后)はアンチエイジングケアがよく、70歳超えてもハリ肌を保つ40代の熟女のようだったそうです。西太后は漢方のスキンケアと漢方養生法に熱心で、美容用の漢方薬百種類を超え、彼女が使われていた漢方薬は少なくとも13種類以上と言われています。それは自分を綺麗に若々しく保つためです。今回は伝説の西太后の秘伝処方を見てみましょう。

西太后の美容秘方

● 玉容散

玉容散は清朝光緒年間に、宮廷医師の李徳立と荘守和等により宮女が洗顔に使っている「八白散」を参考に特製した宮廷秘方です。当時、西太后の肌は荒れていたので、玉容散を使い始めましたら、50歳過ぎでも肌はしっとりとした白い美肌が取り戻ってきたという。玉容散の処方が民間に伝わり、色んな作り方が生まれたのですが、《医宗金鑑》により記載してある処方は以下通りです。

□白牽牛(ケンゴシ)、団粉(緑豆から作ったでん粉)、白蘞(びゃくれん)、細辛(サイシン)、甘松(カンショウ)、鴿條白(コウジョウハク)、白蓮蕊(ビャクレンズイ)、白芷(ビャクシ)、白術(ビャクジュツ)、白僵蚕(ビャクキョウサン)、白茯苓(白ブクリョウ)各30g

□荊芥(ケイガイ)、独活(ドッカツ)、羌活(キョウカツ)、各15g

□白附子(ビャクブシ)、鷹條白(オウジョウハク)、白扁豆(ビャクヘンズ)、各30g

□防風(ボウフウ)15g

□白丁香(ハクテイコウ)30g

作り方は、材料を全部パウダー状にし、缶に密封し、冷暗所で保存する。使用する時に10~20gを取り出し、純水、卵白またはヘチマ水で混ぜて顔に塗り、5分程軽くマッサージをして、水で洗い流します。

●栗荴散

若返りとシワ除きに効くと言いますが、栗の殻の薄い膜を押しつぶして細かく砕いて、ハチミツと混ぜて顔に30分間パックする。

●硃砂蛋

卵一個に小さな穴を開け、黄身を取り除いて硃沙の粉末を入れ詰めて蝋で封じます。そして雌鶏の卵巣で他の卵と一緒に孵化させた後、この卵だけ取り出して、中の混ぜ物を顔に塗り、乾いてから洗い流すと、血色がよく、ハリのある顔になるそうです。

慈禧太后の保養秘方
外から施すだけでなく慈禧太后には、内服の保養秘方があり、比較的に知られているのは、朝鮮人参と真珠パウダーです。慈禧太后は何もない時には人参を口に入れて、溶けそうになったら呑みこみ、次の一片を銜えるそうです。真珠パウダーは十日に一度服用し、毎回の量は小さじ一杯だそうです。これらは長寿、鎮静効果があります。このほか、慈禧太后は飲食での保養には大変注意したようです。

1.決して冷たい食べ物を口にしない。

漢方医学では、冷えは体での気と血の巡りが悪くさせ、胃腸の機能が低下するといいます。なので宮廷料理人は西太后のために運びやすい小型たたら炉を用意し、腹ペコの時にその場で料理して温かい食べ物を食べさせるようにしましたという。

2.茶養生

昔からお茶を飲む習慣で長生きするという。西太后はお茶にバラ花やジャスミンなど季節の花を加え飲んでます。現代医学では、確かに適量の紅茶、緑茶とウーロン茶はデトックス効果があるとしても、お腹が張る時や、下痢の場合は控えた方がいいと言います。

3.消化のいい食事を選び

バランスの良い食事に気を付けるには、西太后の朝食はお粥一杯。粥は消化されやすく、栄養も取れるのです。現代的には、どんな栄養のいい処方や食事法でも、消化されないと意味ないので、体質を改善したいのであれば、胃腸から整えましょう。胃腸が強ければ、栄養たっぷり取り入れましょう。

現代的な視点から見ると、西太后の美容法はどうかなと思われることもありますが、玉容散は本当に存在していたのです!生元草本は多忙な皆さんにも国宝級の美容秘方を使用していただくために、漢方ハーブ泥をベースに、真珠パウダー、天然の磁気活水および桑白皮(ソウハクヒ)からの抽出液等お肌を潤す成分を配合し、現代女性のニーズを満たす美容パックと美白石けんを作り上げました。

今は慈禧玉容美白パックのお試しセットキャンペーンがあるので、至急お申し込みください!