Skip links

歯周病ってどんな病気?漢方歯磨き粉で歯周病を改善する

2019年台湾の衛生福利部(日本の厚生労働省に相当)が公表したパンフレット「歯周病と健康の関係」によると、歯周病は加齢に伴いかかるものではなく、高齢になって歯磨きが思うようにできなくなったり、歯が抜けて咬み合わせがズレたりすることで、歯周病になりやすくなることが判明しました。自分の歯を健康に保つことために普段からできること、万が一症状が起こった場合の治療方法をご紹介します。

歯周病ってどんな病気?痛い?症状は?

歯周病は、歯を支えている歯茎や骨が壊れたり、溶けたりしていく病気です。歯茎が腫れたり歯が揺れたりすると、最終的に周囲の骨が歯を支えられなくなってしまい、歯が抜けてしまいます。主な症状は以下となります。

  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。
  • 口臭が気になる。
  • ブラッシングの時に出血する。
  • 歯石ができる。

これらにより、ブラッシングの時に出血したり、歯茎が腫れたり、歯が長くなった気がする場合は、歯茎の炎症が考えられるでしょう。すぐに歯科医に診てもらうことをお勧めします。歯茎から血が出る症状の多くは歯周病によるものですが、ほかの原因も考えられます。出血の原因については、こちらの記事をご覧ください。
参考資料:衛生福利部ー歯周病と健康の関係國泰綜合病院歯科(中国語サイト)

歯を磨くと出血する七つの原因

1.歯周病による出血

歯周病は歯と歯茎の間に歯垢が付着し、細菌が繁殖すると、歯茎周囲に炎症が起きている状態です。歯垢から繁殖した細菌の侵入を防ぐため、白血球が歯茎に集まると、歯茎が赤く腫れ上がってしまいます。そのため、腫れた歯茎がブラッシングの刺激を受けると、出血しやくなるのです。

2.間違った歯の磨き方

ブラッシングをするときに、力を入れすぎたり、毛先が硬い歯ブラシを使用したりすると、健康な歯茎を傷つけてしまい、出血するおそれがあるので、正しい歯磨き方をしっかり習っておくのが大事です。

3.ストレス、喫煙、過労による免疫力低下

過剰なストレス、過労、喫煙などで体の具合が悪い時、体の免疫力は低下しています。もし白血球が減ると、細菌が大量に繁殖しやすくなって歯茎の炎症を引き起こしてしまい、歯磨きの刺激が加えて出血しやすくなります。

4.妊娠によるホルモンバランスの変化

妊娠中は、女性ホルモンの分泌が盛んになるので、歯茎周囲の毛細血管が拡張したり、弾力性が減ったり、赤血球、白血球などの細胞が血管壁を通過しやすくなり、妊婦さんの歯ぐきがより敏感になり、「妊娠性歯肉炎」という炎症が起きやすくなります。また、女性ホルモンを好む細菌の活動も活発化になり、歯茎に炎症が起きてしまいます。

5.薬の副作用による出血

心筋梗塞や脳梗塞の患者は、血栓の形成を防止するため、血液の流れをよくする「抗凝固薬」を服用しているので、歯茎が出血しやくなります。また、長時間血圧を下げる降圧薬を使用している高血圧の患者は、薬の副作用によって歯茎が腫れやすいので、歯磨きをすると出血が起こりやすくなります。

6.口や歯以外の病気による出血

白血病や血友病などの血液の病気によって、歯茎から出血する場合があります。または心臓病や糖尿病などの免疫力が低下する病気が原因で、歯茎から出血しやすくなります。

7.ビタミン不足による出血

現代社会では少ないですが、ビタミンCやビタミンKの摂取が足りないと、歯茎から出血するケースもあります。普段の食生活でビタミンCを豊富に含むブロッコリー、いちご、トマトやじゃがいも、柑橘類など、ビタミンKを多く含むクレソン、ほうれん草、レタス、大豆、菜種油、オリーブオイルなどを摂取するとよいでしょう。

歯周病の治療

1.基本治療

これは軽度や中度の患者さんは、歯茎の外側、見えている部分のプラークコントロール・歯石除去など、ちゃんとした歯磨きをマスターすることが治療の一部となります。

2.手術治療

重度歯周病の治療は、その状態によって治療の選択が多岐に渡り、患者さんの要望も含めて総合的に進めます。基本はプラークコントロールと、失われた組織の回復が必要になります。症状により歯周組織再生療法と歯周外科処置などの種類があります。

3.セルフケア

セルフケアとは、基本治療や手術を経て、ブラッシングにおける自分の欠点を確認するためにも活用できます。歯や歯茎の健康維持のため、治療後のケアや定期的な歯科医院でのチェックも大切です。

歯周病の予防︱歯科検診・歯磨き粉の選択

1.定期的に歯科医院に通う

歯が痛くなったときだけ治療を受ける人は多いでしょう。しかし、歯周病は自身では気づかないうちに少しずつ進行していて、自覚症状を感じた時点では悪化していることが多く、場合によっては抜歯になってしまいます。虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、毎日の正しいケアと定期的な歯科医院でのメンテナンスで未然に防ぐことができます。

2.正しいブラッシング方法を活用、歯茎の出血を防ぐ歯磨き粉を使用する

そして何より一番基本で大切なことは、毎日正しくブラッシングすることです。そのため優しく口腔ケアできる歯磨き粉も重要です。漢方成分たっぷり、生元草本の牢牙膏固歯膏は口腔内に爽やかなハーブの香りを与えて、健康な歯と歯茎へと導いてくれます。

以上の紹介で、歯周病については理解できましたか?以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康を取り戻すことができるのです。

自分の歯はいつまでも健康に保ちたいですよね?そのためには、悪くならないように健康な状態を維持し、もし歯周病になっても早期発見・早期治療につなげることが大切です。

市販の歯磨き粉に比べて、生元草本の漢方歯磨き粉は、歯茎の健康維持のために開発された製品です。毎日正しくブラッシングすることで、いつまでも歯茎の健康を守っていきましょう。

注意喚起
偽通販サイト・悪質サイトにご注意ください! いつも生元草本および生元薬行をご愛顧いただきありがとうございます。 現在、弊社名などの情報を無断で盗用した「偽通販サイト」の存在を確認しております。
弊社はそのような「偽通販サイト」とは一切の関わりはございません。
注意喚起
偽通販サイト・悪質サイトにご注意ください! いつも生元草本および生元薬行をご愛顧いただきありがとうございます。 現在、弊社名などの情報を無断で盗用した「偽通販サイト」の存在を確認しております。
弊社はそのような「偽通販サイト」とは一切の関わりはございません。