Skip links

歯周病って痛い?歯周病の予防、治療方法をご紹介!

2019年台湾の衛生福利部(厚生労働省)により公表されたパンフレット、「歯周病と健康の関係」の内容に歯周病は加齢によってなりやすくなる病気ではありませんが、高齢になって歯磨きが思うようにできなくなってきたり、歯が抜けて咬み合わせがズレることで、歯周病になりやすくなるということが判明しました。自分の歯を保つことために普段からできること、万が一症状が起こった場合の治療方法も一緒にご紹介します。

歯周病ってどんな病気?痛い?症状は?

歯周病は、歯を支えている歯茎や骨が壊れたり、溶けたりしていく病気です。 歯茎が腫れたり歯が揺れたりすると、最終的に周囲の骨が歯を支えられなくなってしまい、歯が抜けてしまいます。主な症状は以下となります。

  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。
  • 口臭が気になる。
  • 歯石ができる。

それにより、ブラッシングの時に出血したり、歯茎が腫れたり、歯が長くなったような気がする場合は、歯茎の炎症が原因として考えられるでしょう。すぐにでも歯科に診てもらう方がいいでしょう。しかし、歯茎から血が出る症状の多くは歯周病によるものですが、ほかにも原因として考えられるのです。
参考資料:衛生福利部ー歯周病と健康の関係國泰綜合病院歯科(中国語サイト)

歯周病の治療

1.基本治療

これは軽度や中度の患者さんに対して、歯肉の外に見えている部分のプラークコントロール・歯石除去など、ちゃんとした歯磨きをマスターすることも治療の一部となります。

2.手術

重度歯周病の治療は、その状態により可能な治療の選択が多岐に渡り、患者さんの要望も含めて総合的に進めて行きますが、基本にあるのはプラークコントロールで、さらに失われた組織の回復が必要になります。症状により歯周組織再生療法と歯周外科処置などの種類があります。

3.セルフケア

セルフケアとは、基本治療や手術を経て、ブラッシングにおける自分の欠点を確認するためにも活用できます。歯や歯茎の健康維持のため、治療後のケアや定期的な歯科医院でのチェックも大切です。

歯周病の予防︱歯科検診・歯磨き粉の選び

1.定期的に歯科医院に通う

歯が痛くなったときだけ治療を受けた人は多いでしょう。しかし、歯周病は自身では気づかないうちに少しずつ進行していて、自覚症状を感じた時点では悪化していることが多く、場合によっては抜歯などになってしまいます。 虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、毎日の正しいケアと定期的な歯科医院でのメンテナンスで未然に防ぐことができます。

2.正しいブラッシング方法を活用、低刺激歯磨き粉を選ぶ

そして何より一番基本で大切なことは正しいブラッシング方法で毎日実行することです。そのため優しく口腔ケアをしてくれる歯磨き粉の選択も重要なのです。漢方成分たっぷり、生元草本の牢牙膏固歯膏は口腔内に爽やかなハーブ香りを与えて、健康な歯と歯茎へと導いてくれます。

以上の紹介で、歯周病については理解できましたか?以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康を取り戻すことができるのです。

自分の歯はいつまでも健康に保ちたいですよね?そのためには、悪くならないように健康な状態を維持し、悪くなっても早期発見・早期治療につなげることが大切です。 市販の歯磨き粉に比べ、生元草本の漢方歯磨き粉は歯茎の健康維持のために開発された製品です。毎日正しいブラッシング方法で毎日実行することで、いつまでも歯茎の健康を守っていきましょう。