Skip links

子供の蚊除け液の選び方は? まずどんな蚊除け液の成分が安全で有効であるかを理解する!

蚊除け製品にはいろいろあって、蚊除け液、蚊除けパッチ、蚊除けガードリング、蚊除けスプレー、カートリッジ式蚊除け、ひいては周波数で蚊除けをするアプリもあり、蚊に狙われないようにと考えを巡らせています。蚊に刺されたら痒いというのは小さなことで、実はデング熱、日本脳炎、ジカ熱等のウイルスが心配なのです。他人が推薦する蚊除け液を信じるより、蚊除け液の成分をよく理解して、自分や子供たちに安全で効果的な蚊除け液を選びましょう!

よく見られる虫除け液の成分

1.DEET (ディート虫除け剤)

2.Picaridin (ピカリジン虫除け剤)

3.エッセンシャルオイル類(レモンユーカリオイル或いはp-メンタン-3,8-ジオ―ル)

4.IR3535

虫除け液成分の比較

● DEET (ディート虫除け剤)は現在医学界公認の最も有効な虫除け液ですが、使用タブーも多い。

● Picaridin (ピカリジン)は有効な虫除け剤で、安全性が高い事が医学で実証されて、台湾政府は2017年から製品が市場に出るのを許可した。

● エッセンシャルオイル類(レモンユーカリオイル或いはp-メンタン-3,8-ジオ―ル)、天然でアレルギーを起こしにくい事を掲げているので、人気があるが、有効期間が短いので、重複して使用する必要あり。

● IR3535の効果とPicaridin (ピカリジン)は同じくらいだが、台湾では並行輸入商品が多く、人造繊維を破壊する可能性がある。

(表)

成分DEETピカリジンエッセンシャルオイルIR3535
蚊除け効果良好良好良好悪くない
皮膚接触の可否除草菊エッセンス類は不可
使用制限2歳以上に適用2歳以上に適用一歳未満は不可N/A
蚊除けリミット濃度によって2~8時間濃度によって6~12時間濃度によって2~4時間約8時間

子供の蚊除け液を選ぶときの注意は?

1、誤食や粘膜の刺激を避けるために可能な限り子供の顔や手に塗らないように、まずは大人の手に吹き付けてそれから耳の後ろの首すじに塗ってください。

2.密室の中で使用しないように、同時に顔に吹き付けないでください(特に目)。

3.傷口や皮膚の敏感な箇所には塗らないでください。

4.服や露出した皮膚に塗るだけでいいのですが、成分に除草菊エッセンシャルオイルが含まれていれば皮膚には塗らないでください。

5.室内に帰ったらすぐ蚊除け液を塗った皮膚や服を洗ってください。

上の解説を読んだら、親は子供の虫除け液をどのように選べばいいかの概念ができましたか? でも無くてもかまいません、アメリカの疾病コントロールセンターとカナダの厚生省の提案をご参考に見てください。

● アメリカの疾病コントロールセンターと小児科医学会:二か月未満の嬰児には虫除け製品を使用することを勧めない。

● カナダ厚生省:

1、六カ月未満の子にはDEET(ディート虫除け剤)、Picaridin (ピカリジン虫除け剤)の使用を勧めない

2、六カ月から二歳までの子には、DEET、Picaridin の使用濃度は10%、1日1回まで。

3.二歳から十二歳、DEETの最高使用濃度は10%、一日3回まで。

4.成人と十二歳以上の児童は、DEETの使用濃度は、最高で30パーセントまで。

実はDEET(ディート虫除け剤)も、Picaridin (ピカリジン虫除け剤)も蚊除け成分の効果はとてもいいのですが、買うときに子供の年齢と製品の濃度に注意してください。もし心配だったら、天然草本の蚊除け液を選ぶのも良法です。

生元草本の蚊除け液は、台湾ヒノキのエッセンスオイルを採用して、それに天然ハーブから抽出したエッセンシャルオイルで調製しており、天然無毒の処方で、化学添加物は無く、刺激臭の無い爽やかな香りで、子どもが間違って口に入れても構いません。SGS認証を獲て202項目の化学農薬毒物を含まず、アルコール、樟脳オイル、唐辛子オイルの添加も無く、安心して子供に使用できますよ。

Leave a comment