Skip links

固歯秘方の効果は? みんなのレビュー見てみましょう!

固歯秘方は清代の名医・陳修園によって作られたもので、医学書の『陳修園医書72種』によると、固歯秘方は歯の健康維持、消炎消毒、鎮痛、補腎に効果があります。漢方では、「腎は骨をつかさどり、髄を生じ、故に腎が骨を管理し、歯は骨の余り」という説がありますので、腎臓を保護すれば、歯の健康維持もできます。朝晩の歯磨きに固歯秘方を使えば、歯茎の退縮、歯周病、歯痛の症状を予防できるほかに、口腔と歯健康の維持にもなります。

しかし、本当に固歯秘方は効くのでしょうか?副作用はないのでしょうか?それでは、固歯秘方の使い方とレビューを見てみましょう!

固歯秘方の処方

●青塩 15g(食塩に変更もおすすめ)
●結晶石膏 15g
●補骨脂(ホコツシ) 12g
●花椒(カショウ) 5g
●白芷(ビャクシ) 5g
●防風(ボウフウ) 8g
●薄荷葉(ハッカヨウ) 8g
●旱蓮草(カンレンソウ) 8g

固歯秘方の使用方法

上記の薬材を磨いて、固歯秘方を粉末にした歯磨き粉。普段の練り歯磨きの量を参考にした上で、粉を適量手の平にとって、練り歯磨きに代わって歯ブラシや指で歯磨きをします。ただし、すぐ口をすすがないようにしてください。口内で時間をおいてからすすぐと漢方薬の効果を最大化します。待ち時間は歯周病の程度によって、1分~10分を目安に調整してください。

病状がひどい場合は、指を濡らして粉で患部を1分間程マッサージして、口をすすぐか、秘方をうがい薬にするのもオススメです。歯周病をひき起こす細菌は嫌気性菌で、直接空気にさらされるのが苦手な菌なので、よくうがいすることで菌を減らす効果があります。

現代医学からすると、固歯秘方は体の気血循環と新陳代謝を改善し、同時に歯の自己修復の機能を取り戻せます。そのほかに、歯周病の予防や改善、歯茎の下がりと出血、歯痛にも効果あります。歯だけでなく、入れ歯のお手入れにも役立ちます。固歯秘方は無毒無臭で、頑固な再発性口腔咽頭潰瘍に最大限の効果があるので、使い続ければ、症状を治療できます。

現在、ほとんどのお客様が重度の歯周病で、歯医者に通っても効果がないので、非常手段として固歯秘方を試しに購入したところ、3~6か月後に病状が良くなられてリピート購入してくださいました。これは固歯秘方が気血循環と新陳代謝を改善したり、歯の自己修復機能を取り戻せたりしたからです。使い続ければ、色んな口腔症状を治療するので、生元草本の「固歯膏」を試してみてはいかがでしょう?「固歯膏」は「固歯秘方」をベースに、生元草本が有効成分を加えて独自に作ったものです。濃厚なハーブが、口腔機能を強化し、傷ついた歯周組織を修復、歯周病の予防ができます。