Skip links

舌苔が取れない?正しい舌苔の取り方とケアで口臭予防!

舌苔とは

舌苔とは何でしょう?舌苔は除去する必要ある?
歯磨きだけで口腔ケアができてると思ってる人が多いのだろうが、舌苔を除去することも口の健康維持の一部なのです。

舌苔は食べ物のカスや口の中の細菌、代謝産物、舌の剥がれ落ちた細胞などからできているため、硫黄水素を発生させ、口臭、虫歯の原因となります。 口腔ケアを怠けると、口腔がん、喉頭がんなどの症状にもつながります。

舌苔がつく原因

朝起きたら舌表面に黄色や白色の苔のようなものが付着している、一旦取れたとしても、またいつの間にかできることがあります。ほとんどの人は口腔ケアができてないから舌苔できやすいと思ってるだろうが、実は舌苔は体の健康に繋がっています。

舌苔は咀嚼、嚥下の時に分泌される唾液、細菌や古くなった口の中の粘膜、食べ物のカスが集まったのものです。胃もたれや消化不良の時は、消化に時間がかかると、胃腸に湿気が溜まりやすく、舌苔もできやすくなります。

このような状態が続くの方は、まずは自分自身の生活習慣を見直ししていきましょう。ゆっくりよく噛んで食べることを習慣づけ、脂っこい・冷たいものを取りすぎないように気をつけましょう。また、寝る直前の食事は、消化不良の大きな原因となりますので、控えましょう。

舌は体調の変化が分かる?

毎日歯磨きするついでに舌磨きもしてるものの、なんでまだ舌苔がついてるのだろう?漢方医から見れば、舌苔の色で体の健康が分かります。舌の表面は薄く白い苔が付着していて、舌先は薄赤の状態は健康な舌です。
しかし、舌苔は厚く、表面は黄色や灰色、または黒色(こげ茶)の場合は、体調の異常が現れる可能性が高いので、すぐ病院を受診した方がいいでしょう。舌は身体の不調が真っ先に出るので、無視しなければなりません。病院に行っても検査結果は大丈夫であれば、歯磨きがしっかりできてないだけなのでしょう。

舌苔は口臭につながる?

口臭を引き起こす原因は、食事と生活習慣以外に、一つが舌苔に含まれるタンパク質です。咀嚼中に唾液が分泌され、舌の真ん中に薄く白くなってる程度であれば心配はありませんが、唾液の分泌量が少なかったり、口の中が渇いていたりすると舌苔は厚くなって、口臭が強くなる傾向があります。 様々の口内トラブルが起こる時は、舌を清潔に保つ以外、正しい生活習慣を付けることが一番な改善策です。
ここで生元草本が舌苔ケアについて5つのポイントを紹介していきます。

正しい舌苔の取り方

1.舌の上に塩を少々、舌磨き、または指で軽く1分間磨いて、水でうがいする。
2.アロエは炎症に効くので、アロエジュースをひとさじ一杯でうがいして、ぬるい湯で口の中をすすぐと舌苔状況の改善に効くという。
3.柑橘ジュースにウコンを入れ混ぜて、舌に塗り2分間すると水ですすぐ。
4.喫煙と飲酒を辞める。タバコと酒は咽頭がんの確実なリスクである。
5.ドライマウスと口乾きによる舌苔がつきやすいので、こまめに水を飲むことで舌苔とさよならしましょう。

舌苔ケアについて三つのポイント

□舌苔を磨く時は、舌根から舌先まで、三回程磨く。磨きすぎないようにご注意ください。
□歯ブラシで磨くのはやめましょう。硬めのブラシは味覚損害リスクも。舌用の歯ブラシやガーゼなど指を包んで舌苔を優しく落とす。
□就寝前は唾液の分泌が少なく、細菌の増殖が早いので、舌苔は朝起床後、磨くことがオススメです。

以上は舌苔ケアについて五つのポイントを紹介しました。今後は歯磨きするついでに、舌苔の清潔も忘れずに。
歯磨きは口腔清潔の25%だけできるので、口腔内の健康維持には、デンタルフロスを使い、食後にうがいするという習慣を身につけると、細菌を避けながら、口臭予防にも効果があります。

さらに口腔健康を強化したい人には、「牢牙膏」をオススメしたいのです。元代の「遺山牢牙膏」という処方により調整し、歯茎の出血を減らせ、歯周病をできにくくする。歯の健康維持にも最適ですよ。