Skip links

霊芝にはどのような効能があるの?体質の改善や肌の不調にも効果が?服用法と注意すべきこと一緒に知ろう!

私たちの体には「免疫」という病気を引き起こす異物(例えば、ウイルスや細菌など)から体を守る仕組みがあります。この仕組みが、ある特定の異物(ダニやスギ花粉、食物など)に対して免疫が過剰に反応して、体に症状が引き起こされることを「アレルギー反応」といいます。一般的にアレルギーと言われる病気は、湿疹、アトピー性皮膚炎、アトピー性鼻炎など。その中で、湿疹は台湾で最も発症している病気と見られています。湿疹が起こると赤み、かゆみが止まらなくて大変なもの、それは体の不調が皮膚に反映されている証拠です。

かゆみがない皮膚に取り戻したい、健康な体を手に入れたい!と悩んでるあなたに、ここでは霊芝の登場です!

なぜ湿疹が起こるの?どんな症状があるの?

湿疹とは、皮膚の表層(表皮・真皮上層)に起こる炎症の総称で、皮膚炎とも呼ばれます。湿疹の特徴から、「手湿疹」や「皮脂欠乏性湿疹」、「脂漏性皮膚炎」など、名前のついた湿疹もあります。湿疹がみられる代表的な疾患には、接触皮膚炎(かぶれ)やアトピー性皮膚炎などがあります。湿疹のできる部位はさまざまで、全身のどこにでもできる可能性があります。

原因は、皮膚は薄い一枚の皮のようにみえますが、表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできています。一番外側の表皮は、日光(紫外線)、ほこり、細菌、ウイルスといったさまざまな異物から体を直接保護しています。真皮には汗腺や血管などが走り、皮膚に弾力を与えています。その内側で皮下組織が皮下脂肪で体を守り、エネルギーの貯蔵庫にもなっています。こうして皮膚が体の外壁として日常的に外の刺激から体を守ってくれています。ただし、このバリア機能をもってしても防ぎきれない外部からの刺激や、特定の原因物質が刺激となることなどで起こるのが湿疹・皮膚炎で、具体的な症状名として「手湿疹」、「じんましん」、「あせも」などがあります。

また、じんましんも湿疹もどちらも皮膚が赤くなって痒くなる病気ですが、じんましんは突然、急に痒くなることが多いです。それに対して湿疹は徐々に進行していきますので、いつ頃発症したか思い出せないことが多いです。じんましんは全身のあちこちに症状が出ては消えるのに対して、湿疹の場合は発症した特定の位置に症状が続きます。原因がはっきりしない時や、短時間で治まらない場合や繰り返し症状があらわれる場合、早めに皮膚科を受診し、医師に相談しましょう。

湿疹の発症原因?

多くの場合、原因を一つにしぼることは難しい事がほとんどですが、大きく分けて、外からの刺激(外的要因)と、体質・免疫力低下などの内的要因に分けられています。

・外的要因:環境と天気

台湾の天気は蒸し暑い時が多くて体温調節のために汗が出ることは普通ですが、脇やひじ、シワとシワの交点でたくさん汗をかいたときなどに汗の管がつまり、肌内部に溜まった汗が水ぶくれや炎症を引き起こす可能性があります。そのうえ、肌のバリア機能が低下して、汗をかくとかゆくなります。

・内的要因

現代社会はストレスでいっぱい、運動不足などによる発汗機能と、体温調節機能の低下により起こります。汗腺の機能が弱まると、自律神経はバランスを崩してしまい、湿疹の発症にもつながります。

湿疹の発症原因を把握した以上、お天気や環境などをどうこうすることはできませんが、自分の体質から改善していきましょう。病気をしない健康的で強い体を作るため、体の免疫力を高めることが大切です。そこでここでは「百病を治す不老長寿の仙草」といわれる霊芝を紹介していきます。

霊芝はどんな効能がある?トリテルペンで生理機能を改善!

霊芝は近年、さまざまな薬理効果が科学的に解明され、多くの有効成分が含まれており、例えば、ガノデリン酸は高血圧の改善や肝機能の向上を促す作用があって、β-グルカンは免疫力を高め、抗腫瘍作用も期待できる成分です。特にアレルギーに対してはトリテルベンが有効で、免疫増強作用が強く、体の抗腫瘍力を高める。それだけではなく、美肌を保つなど美容にも幅広く役立ちます。

霊芝特有の成分である高分子多糖体がガンを抑制し、血糖を下げ、免疫力を増強、またトリテルペノイドという成分が肝機能を促進し、アレルギーにも効果を発揮することが明らかになっています。さらに天然霊芝に含まれる有機ゲルマニウムが体内酸素を増加させ、新陳代謝を促し、細胞の老化を防ぐ働きがあります。霊芝には多量のアミノ酸やビタミン、ミネラル類、食物繊維、各種の栄養素がたっぷりと含まれています。

霊芝は生のままでは食すことが出来ず、乾燥・粉砕した原料を健康食品として利用します。乾燥した霊芝をとろ火で煎じて食間に服用するのが一般的です。霊芝は細胞壁が大変堅いため、そのまま摂ると吸収率がよくありませんので、出来れば細胞壁を粉砕してあるサプリメントが良いと思われています。

霊芝を飲む前に注意すべき点・飲んでいけない人

霊芝には多量のアミノ酸やビタミン、ミネラル類、食物繊維、各種の栄養素がたっぷりと含まれています。健康維持に非常に役立つ素材と言われていますので、老若男女誰にでもオススメしたいのですが、次のような人は霊芝を使用を避けることを推奨されます。

・低血圧患者

霊芝は抗血液凝固作用をもつので、抗血小板・抗血液凝固作用のあるハーブや医薬品を用いている人では出血傾向が高まることがある。血圧低下作用のあるハーブや医薬品とともに用いると、その作用を強め低血圧を引き起こすことがあるので、低血圧患者には控えた方が良いでしょう。

・妊娠中・授乳中

3-6ヶ月の長期間服用により、めまい、喉の渇き、鼻水、鼻血、胃のむかつき、血便などの副作用が報告されているため、妊娠中、授乳中の安全性については十分なデータがないので使用を避けることが推奨される。

・手術前後・他の医薬品を用いる人

手術の直前と直後、霊芝を摂取することで血液検査に影響を与えることがあります。さらに他の西洋薬を合わせて飲む患者は、体に負担をかける可能性もありますので、霊芝の服用をやめることが良いでしょう。

霊芝には有効成分が沢山含まれているため、副作用がない、副作用が少ないと思われている人がいるようですが、以上のような特徴をもつ人でしたら、霊芝を使用する前に、お医者様と相談する方が安心で、霊芝の効果が一番感じられるのでしょう。

湿疹の治療・かゆみを抑える方法

湿疹は発症すると赤みがでる以外に、ポツポツや水ぶくれができ、患部と正常な皮膚の境目がくっきりしていることが見られて、夜は眠れないし仕事もできなくて大変なもの。症状があらわれた時に早めに病院を受診することがおすすめします。皮膚の炎症を抑える効果的な治療薬のステロイド外用剤と内服のかゆい止め薬を組み合わせて改善できます。

かゆみがあるときはつい肌をかきむしりたくなりますが、肌を傷つけてバリア機能を低下させることで、肌はますますかゆみを感じるという悪循環に陥ることがあります。そんなときは、かゆみや炎症を抑える治療薬ですみやかに治療しましょう。あわせて、毎日の丁寧なスキンケアや体調管理で、肌をすこやかな状態に導きましょう。

湿疹や皮膚炎に悩む方におすすめ:青芝エッセンス

アレルギー、かゆみ、肌の不調に悩まれるあなたに!生元草本の新商品【青芝エッセンス】、霊芝の成分で良質な「青霊芝」を使用し、さらに「霊芝たんぱくGMI」に配合、天然素材で体にやさしい、新陳代謝を促し、細胞の老化を防ぐ働きがありますので、免疫力低下によって皮膚の不調、かゆみやかぶれ、すべてこの一本で改善できる。ベタつきにくい軟膏が肌の炎症を鎮め、湿疹、皮膚炎、かゆみを治します。

湿疹や皮膚炎は、外からの刺激による外的要因と、体調や肌のコンディションからなる内的要因が影響し合うことで起こりやすくなります。軽い症状の場合は霊芝エキスが改善することができ、自分自身の体に合わせ、霊芝を使用する事で肌の不調を鎮めて、体質を調整していき、正しいケアで皮膚炎や湿疹とさよならしましょう。

Leave a comment