Skip links

アトピー性皮膚炎とは?保湿ケア治療で大切な三つのこと

不只皮膚癢!中度至重度異位性皮膚炎與心血管疾病高度相關,醫師圖文解說- 幸福熟齡

季節性変化に注意!アトピー性皮膚炎には必ず悪くなる時期、春、秋という季節の変わり目です。春はアレルギーの季節で花粉症が出てくる頃からアトピー性皮膚炎も悪くなってきます。また、秋から冬にかけて気温が低くなり、乾燥が進むと子どもたちの皮膚はかさかさになっていきます。発疹が広がると、夜も眠れずに日常生活に支障をきたす、心身にかかるストレスが溜まります。

アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

醫病》高三生罹患異位性皮膚炎15年用新藥告別搔癢人生- 生活- 自由時報電子報

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹が慢性的に繰り返される病気です。

皮膚の表面を覆っている角質(いわゆる垢)に異常があり、皮膚が乾燥し、皮膚のバリア機能に異常をきたして刺激反応が生じる病気です。皮膚の乾燥が背景にあると考えると、皮膚からの脂の分泌が減る冬に病気が悪くなることになります。以前は、アトピー性皮膚炎と言えば「子どもの病気」というイメージがあり、成人になる前に治るケースが多かったのですが、最近では、子どもの頃に発症したものが大人になっても治らなかったり、大人になってから発症したり、成人のアトピー性皮膚炎も増えています。

かゆみがあるため、悪化するかもしれないと自分では掻かないようにしていると思っていても、タオルや服でゴシゴシこすったり、眠っている間にいつの間にか掻いてしまっているということもあり、知らず知らずのうちに症状が持続してしまったり悪化させてしまっている場合があります。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因には、アレルギーを起こしやすい体質やバリア機能が低下している皮膚状態などの「体質的な要因」と、アレルギー症状を起こす物質(アレルゲン)や皮膚への外部刺激など「環境的な要因」があります。

環境的な要因については、例えばアレルゲン、ダニやほこり、カビなど皮膚への外部刺激、または寝不足、過労、ストレスも一部となってます。 ただし、アトピー性皮膚炎の増悪原因や症状は人によってさまざまです。例えば、同じ化粧品を使っても、症状が起こる人と起こらない人がいますし、あるときは大丈夫でも、あるときは症状が出るということもあります。また、そのときの体調や精神的な状態によっても異なることがあります。これはアトピー性皮膚炎が、一つだけでなくいくつもの要因が重なって影響する「多因子性」の病気であるためです。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の症状があらわれるときは、アレルゲンやストレスなど、いくつもの原因が積み重なり、それによって「皮膚のバリア機能」という堤防が破壊された状態といえます。そのため、まずは皮膚の炎症をおさえ、症状を改善するために、適切な薬を使用した治療をおこなうことが大切です。

アトピー性皮膚炎の治療に使われる薬は、過剰な免疫反応をおさえ、炎症を鎮める作用のあるステロイド薬や、非ステロイド性抗炎症薬、免疫抑制薬(タクロリムス外用剤)が主に使用されます。

外用薬と一緒に過剰なアレルギー反応を抑制する抗ヒスタミン剤を処方されることもあるでしょう。医師の診断による、症状のレベルにあわせた薬を使用した治療は、アトピー性皮膚炎にとって負のスパイラルの原因にもなる「掻く」行為を軽減させるため、不可欠です。

主治医に相談して、くすりや治療法の正しい知識を取り入れることで、症状の改善を早めましょう。

アトピー性皮膚炎のセルフケア

かゆみがあるため、肌をかきむしってしまいさらにバリア機能が低下し、そこに汗やほこり、細菌やカビがさらに炎症を起こして湿疹を繰り返してしまうという悪循環に陥りやすい。そのため、根本的な原因から改善するのが基本として、また悪化要因げの対策も重要です。

1.天気の変化

気温の上昇や低下、アトピー性皮膚炎の患者さんには敏感です。外出時に汗をかいたらそのまま放置せず、シャワーで洗い流すか、ぬれタオル・ハンカチなどで吸い取りましょう。シャワー浴の後はよく水分を拭きとり、保湿剤などを塗って乾燥を防ぐことも忘れずに。汗をかくことを避ける必要はありませんが、その後の対策がポイントとなります。

2.保湿を強める

冬に空気が乾燥すると、アトピー性皮膚炎の人は皮膚がかさかさになって、かゆみが増します。皮膚の乾燥を防ぐために、加湿器などを利用して室内の湿度を保つことが肝要です。衣類も皮膚に刺激を与えるとかゆみを引き起こすことがありますので、肌着はウールや化学繊維を避け、できるだけ木綿のものがお勧めです。また皮膚をかいて傷つけると余計にかゆみが増すことがありますので、爪はいつも短く、清潔にしておく方がよいでしょう。

3.こまめな掃除と換気

ほこりの中はダニが生まれやすい環境のため、こまめに掃除しましょう。特に強く掻くと、皮膚のかけらが落ちやすく、ダニの餌になりやすいため、こまめな掃除を心がけましょう。また、エアコンフィルターや家具の上、電気のかさ、カーテンなどの掃除、寝具やカーペットのお手入れも忘れずに。

湿疹や皮膚炎に悩む方におすすめ:青芝エッセンス

アトピー性皮膚炎は、「どう付き合っていくか」の意識が非常に重要です。当たり前のことですが、栄養バランスのよい食事をする、早寝早起きの規則正しい生活を心がける、ストレス発散方法を見つけるなど、心身の健康を心がけ、自律神経や免疫機能のバランスを整えるようにしましょう。

以上、アトピー性皮膚炎の原因や治療方法を紹介しましたが、ここで速やかに皮膚の悩みを改善したいあなたに!生元草本の新商品【青芝エッセンス】、霊芝の成分で良質な「青霊芝」を使用し、さらに「霊芝たんぱくGMI」に配合、天然素材で体にやさしい、新陳代謝を促し、細胞の老化を防ぐ働きがありますので、免疫力低下によって皮膚の不調、かゆみやかぶれ、すべてこの一本で改善できる。ベタつきにくい軟膏が肌の炎症を鎮め、湿疹、皮膚炎、かゆみを治します。

Leave a comment