Skip links

妊娠線はいつからできる?原因と対策をご紹介

妊娠をすると可愛いベビーの誕生が待ち遠しい、いろいろ準備も忙しいけれどハッピーに過ごしたい妊娠期ですが、だんだん目立つようになってきた妊娠線。妊婦の最大の悩みといっても過言ではないかもしれません。そんな迷惑な妊娠線、何とか予防する方法はないのでしょうか。

妊娠線とはどのようなものなのでしょうか?みんなが必ずできてしまうの?治るの?と不安になってしまいますよね。ここでは、妊娠線についてご紹介します。

妊娠線はどうしてできるの?妊娠線とは

妊娠線とは、お腹などの皮膚に現れる赤紫色の筋状の線のこと。ストレッチマークとも呼ばれます。妊娠によって急激に起こる体重や体型の変化によってできるひび割れのような線です。急激なダイエットの時にできる肉割れのようなものというと、ダイエット経験がある人はピンとくるのではないでしょうか。

妊娠線ができる原因の1つは、皮膚の急激な伸びです。妊娠中は皮下脂肪が急激に増え、週数が進むにつれて子宮も大きくなります。それらの変化によって、皮下脂肪と皮膚の表面との間にある真皮にひび割れが入り、妊娠線となるわけです。

そしてもう1つの原因は、コラーゲンの減少です。妊娠中はステロイドホルモンの分泌が増加することにより、コラーゲンが減少します。コラーゲンが減少すると肌の弾力が失われ、亀裂が生じやすくなり、妊娠線ができやすくなります。

妊娠線ができやすい部位は?どんな種類があるの?

妊娠中は、お腹周りだけではなく、身体全体に脂肪がつきやすくなります。そのため、お腹以外にもバスとや太もも、ヒップなどの特に脂肪がつきやすいパーツに妊娠線が出てしまうことがあるのです。初期は赤色や赤紫色の細くて目立つ線で、透けてみえている状態。時間の経過によってだんだん白くなります。

傷痕をきれいに目立たなくしたい…という場合、確実に初期の赤い妊娠線の間に妊娠線ケアを始めておきましょう。残念ながら白く光った凸凹した妊娠線まで進行すると、きれいに解消するには非常に大変なのです。

妊娠線ができやすい人の特徴

実は妊娠線の出やすさにもは個人差があるため、できやすい人がいれば、出にくい人もいます。続いては、妊娠線ができやすい人の特徴について解説していきます。

遺伝子

妊娠線ができやすい人の原因には遺伝子により影響されることが多いです。家族に母親や姉妹、妊娠中に妊娠線が出たことがあるとしたら、その本人も妊娠線ができる可能性も高くなります。

体質

食習慣や、体質も妊娠線の出やすさに関係しています。また、骨盤が小さい人、多胎妊娠の人、やせ型の人や乾燥肌の人、高齢出産の人にできやすいと考えられます。

妊娠線が気になる!予防する方法を紹介

妊娠線ができる理由や、できやすい人について把握したうえで、ここでは一番大切な部分に入ります―妊娠線対策を紹介していきます。

適度に運動を行う

妊娠中でも体調の良いときには、適度に運動をして、体の新陳代謝を高めていきましょう。皮下脂肪がつきにくくなるだけではなく、体重増加を抑え、血行が良くなることで皮膚のターンオーバーを促す効果も期待できます。お肌の細胞は、古い細胞よりも新しい細胞の方が保水力は高く、弾力があります。適度な運動を続けることで、妊娠線ができにくい肌になっていきます。

また、つわりなどの体調不良でない限り、なるべく毎日入浴して血行を良くし、お肌を清潔に保つことも大切です。

体重の急激な増加を抑える

妊娠線ができる主な要因の一つとして、「体重増加により皮下脂肪が急激に増えること」があります。特に妊娠5~6か月頃は、赤ちゃんの成長とともにお腹も大きくなり、ママの体重が大きく増え始める頃です。お腹の周りにも皮下脂肪が増えますので、急激な体重変化を抑えることが必要です。

ボディケアをしっかり行う

皮膚が硬くなっていると妊娠線はできやすくなります。柔らかい皮膚を手に入れるためには、バスタイムや入浴後のマッサージがおすすめです。ボディクリームやエッセンシャルオイルなどを肌に塗ってからマッサージをすれば、保湿もバッチリ!

妊娠線ケア用のクリームなどを使用しても良いですし、一般的なボディケア用品を使用してもOKです。ただし、妊娠中は使用を避けた方が良いものや、香りがきつく気分が悪くなってしまう可能性があるものもあります。新しく購入する場合は、お店の方に相談したり、レビューをチェックしたりするなどして確認をしましょう。

妊娠線予防クリームオススメ:「青芝エッセンス」

妊娠中は、つわりなど身体的なストレスやマタニティブルーのような心理的ストレスを感じやすいもの。これらのストレスがコチゾールの分泌を促してしまうことがあります。

穏やかでストレスの少ない妊婦生活は、ママや赤ちゃんの心身の健康だけでなく妊娠線の予防にも繋がります。ストレス解消にその一つは保湿です。妊婦でも使える市販のクリームは種類がありすぎて選べない、しかも妊娠すると、香りが一段と敏感になり、無香性、無香料で化学物質無添加のがいいな…でもそれなりに値段も手が出にくい…と悩んでるそんなあなたに、ここでは生元草本の青芝エッセンスをオススメです。

主成分が霊芝タンパクGMIの青芝エッセンスに多くの有効成分が生かされていて、高い保湿効果と抗炎症作用でニキビ跡の解消に効くだけではなく、傷やかぶれ、発疹、妊娠線にも効果がバッチリです。

天然素材で体にやさしい、新陳代謝を促し、細胞の老化を防ぐ働きがありますので、妊娠中でも安心して使えます。テクスチャは水っぽく、伸びもよく、べた付きません。マッサージ不要なので、産後に短時間のケアができます。手順は、気になる傷跡や部位に塗った後、普段のスキンケアを進めるのがオススメです。

今回は妊娠線についてご紹介しました。妊娠線は妊婦の代表的な悩みでもあり、なかなか予防するのが難しい症状でもあります。しかし、適度な運動や保湿ケアによって、症状を最小限に抑えることは可能。妊娠線が出てきそうな時期になる前からしっかりとケアして、妊娠線の予防に励みましょう。

Leave a comment