Skip links

慈禧太后の美容秘方 | 慈禧太后はどのようにして美肌を保ったのか?

歴史の記載に依りますと、慈禧太后(西太后)は美容の手入れが行き届き、70歳を越えても40歳代の美しい女性のようだったそうです。慈禧太后は漢方の美容保養と、漢方医による養生に大変熱心で、慈禧太后が保養に使用した漢方薬は百種類を超え、彼女の美容秘方は少なくても13種類以上あると言われています。それは青春を永遠に留め、年齢に屈しない為でした。今、伝説の中の慈禧太后の美容の秘方は一体どんなものかを見てみましょう。

慈禧太后の美容の秘方

● 玉容散

  • 玉容散

玉容散は清朝光緒年間に、宮廷医の李徳立と荘守和等が、金代の宮廷の女性が洗面用に使っていた「八白散」の処方を応用して、慈禧太后のために特別製造した宮廷の秘方です。当時慈禧太后の肌は荒れていたのですが、五十歳過ぎて玉容散の使用を始めて、その後しっとりした白い美肌を取り戻したそうです。玉容散の処方が民間に伝わって、各種の異なる処方箋が出現しましたが、《醫宗金鑒》に記載されている玉容散の処方は下記の通りです。

❏ 白牽牛(ケンゴシ)、団粉(緑豆から作ったでん粉)、白蘞(びゃくれん)、細辛(サイシン)、甘松(カンショウ)、鴿條白(コウジョウハク)、白蓮蕊(ビャクレンズイ)、白芷(ビャクシ)、白術(ビャクジュツ)、白僵蚕(ビャクキョウサン)、白茯苓(白ブクリョウ)各30g

❏ 荊芥(ケイガイ)、独活、羌活(キョウカツ)、各15g

❏ 白附子(ビャクブシ)、鷹條白(オウジョウハク)、白扁豆(ビャクヘンズ)、各30g

❏ 防風(ボウフウ)、15g

❏ 白丁香(ハクテイコウ)30g

用法は全部の薬材をパウダーにして、缶に密封し、冷暗所で保存します。使うときには、10~20gをとり出し、清水、卵白またはヘチマ水で糊状にして顔に塗り、軽くマッサージして、5分後に清水で洗い流せばいいのです。

● 栗荴散

若返りと皺を除く効果があるそうですが、実は天津栗の殻の内側の薄い膜を細

かくしてハチミツに混ぜた後、顔に塗り、30分後に洗い流します。

  • 硃沙蛋

卵一個に小さな穴を開けて、黄身を取り除き、卵白だけ残して、硃沙の粉末をいっぱいに詰めて蝋で封じます。鶏の巣のなかに入れて親鶏に温めさせ、他の卵が孵化した後にこの卵をとり出します。卵白と硃沙の混合物を顔に塗り、乾いてから洗い流すと、お肌に紅がさして透き通る白さになるそうです。

慈禧太后の保養秘方

外から施すだけでなく慈禧太后には、内服の保養秘方があり、比較的に知られているのは、朝鮮人参と真珠パウダーです。慈禧太后は何もない時には人参を口に入れて、溶けそうになったら呑みこみ、次の一片を銜えるそうです。真珠パウダーは十日に一度服用し、毎回の量は小さじ一杯だそうです。これらは長寿、鎮静効果があります。このほか、慈禧太后は飲食での保養には大変注意したようです。

1.決して冷たい食物を口にしない:漢方医は、寒気は身体の気血の邪魔をして、脾臓と胃の不快を起こしやすいと言います。そこで慈禧太后のシェフ達は運搬できる小型の炉を準備して、慈禧太后がお腹が空いた時にその場で煮て作り、温かい食物を食べられるようにしました。

2.お茶養生:昔はお茶を飲むと長寿になるとして、慈禧太后はお茶の中にバラの花、ジャスミンなどの季節の花を加えていました。現代医学からみれば適量の紅茶や緑茶、ウーロン茶には確かに清熱解毒作用がありますが、茶性は寒(冷え)で、お腹にガスが溜まったり、下痢の時には飲まない方がいいのです。

3.消化の良い食物を選ぶ:飲食のバランスをとるために、慈禧太后の朝食はお粥一杯です。お粥はとても消化がよく、また栄養のある食べ物で、現代の観点では、どのような処方や飲食、どんなに栄養がある者でも、吸収できなかったらすべて無駄で、体質を調えたかったらまず胃腸の調整から始める事を提案します。胃腸が強健ではじめて多くの利用を吸収できるのです。

慈禧太后の美容秘方はどうかなと思う所もありますが、玉容散は本当に存在していたのです! 生元草本は、忙しい皆様に国宝クラスの美容保養秘方を体験していただくために、自分で調合する面倒を取り除き、漢方ハーブマッドを基底に、真珠パウダー、天然磁気活水、及びソウハクヒ抽出液等のお肌を潤わせる養顔成分を加えて、現代女性が必要とするものに一層するを保養処方を研究開発して、慈禧玉容美白パックと、慈禧玉容美白ソープを製造し、今は慈禧玉容美白パックの試供品の優待がありますので、至急申し込んでください!

Leave a comment